私はOLの時に、同僚が結婚が決まって会社を辞めるときに、婚約指輪をつけて会社内の部長に挨拶してまわるという、変な習慣がありました。
そのときに、そのやめる人がつけていた婚約指輪のダイヤの大きさが結構話題になったりしていました。

私の同期も、どんどん結婚が決まってしまって、退職していくようになってしまって、婚約指輪を見せてもらったのでしたが、0.5カラットくらいのものを彼にもらっている子が多かったでした。私も婚約したら、きっと同じくらいの大きさのダイヤの婚約指輪をもらえると思いこんでしまっていました。
でもその時は彼氏などいませんでしたので、友人に知人を紹介してもらって、付き合って3年ほどたってから、結婚が決まったのですが、婚約指輪の予算をいわれていましたので、0.2カラットの婚約指輪しか買えませんでした。

私の親にその婚約指輪を見せたら「ずいぶん小さなダイヤの婚約指輪なんだね」といわれてしまって、何もいえませんでした。
結婚しても、夫は財布をきっちりと別々にしてほしいといってきたのでした。
それに給料の管理は夫がするようになりました。ずいぶんケチな人だなと思うようになってしまったのでした。

でも、先月自分の給料で0.5カラットのエンゲージリングを御徒町で買ってしまったのでした。